ショートヘアには『動きや束感』が出るように


今回は『動きと束感』の話し。。



髪が伸びてくるとセットが上手くいかない。。。動きが出ない。。。


ショートヘアは伸びてくると、髪の量や密度が増えてセットしずらくなります。

髪の密度が増えると髪の動きも出ずらくなってセットしてもなんか上手くいかないという悩みにつながります。


だからこそカットは大事になってくるんですね。





と、いうことで今回のテーマは、、、





ショートヘアに動きが出るように間引く


です。 

今回の
『ショートヘアお悩みお客様』





今回の『ショートヘアお悩みお客様』
beforeはこちら💁‍♂️

さすがに髪が伸びて動きが出ずらくなったのでスタイリングで動きが出るようにしたい🙇‍♂️

どうしても髪が伸びるとバランスも下に下がってきてしまい立体感も失われてしまいます。



カットだけで動きがつけられるように


動き=立体感が出るようにする為に必要なのは、『量を減らす』というよりは『間引くカット』が必要になります。


この『間引くカット』はパサつきを抑えながら質感も柔らかい感じに出来るのでショートヘアにも相性が良いです。


なので、【動きが欲しい部分だけに間引くカットをしておくと髪が伸びても動きをつけやすくなります】

特にショートヘアを立体的に動きのある感じにしたい時はあっても良い効果だと思います。

仕上がりはこちら!!


今回はそんなに長さは変えずに間引くようなイメージで、、

【髪の表面】
【耳回り】
【後頭部から襟足】


このあたりのポイントを間引くように・・・


あとはしっかりとなりたいイメージの共有をしてカットで調整・・・✏️



サクっと✂️

毛先に動きのある立体感のあるショートヘアの完成✨✨✨

コテやアイロンを使わずに『バーム』を馴染ませるだけで動きが出るようになりました🙇‍♂️

長さは変えず、ヘアスタイルに『間引き』をいれることでショートヘアの雰囲気が少し変わります。





✨✨✨今回もお任せ頂きありがとうございました。もう少し動きがほしい場合は緩くパーマで毛先のみ動かしても良いかもしれませんね。また相談して決めましょう✨✨✨


まとめ



今回は『動きと束感』の話しでしたが。。。


ショートヘアはただ短めにするだけでなく、どんな動きや普段のスタイリングに合わせてカットの仕方を変えていきます。

その為にカット技術の引き出しの多さや細かな繊細さが必要になってきます。

まだまだ自分自身も勉強の毎日ですが、お客様に喜んで頂けることを楽しみに色々なお客様に対応できるようにしています。

どんなお悩みにもしっかりとカウンセリングでご対応し、無理なスタイルチェンジはせず、その時のお客様との意思疎通でヘアスタイルのご相談をしていきます。



トレンドや傾向も考慮しながら自分の技術の向上で常にお客様に満足してもらえるショートヘアを
その人の『今』に合ったヘアスタイルのご提案ができるように10代から50代、60代70代のお客様にも幅広くご提案できるようにしています。

カットはもちろんカラーでも、初めてのお客様でもしっかりとカウンセリング致しますので、遠慮なくご連絡ご相談ください!

ホットペッパーのご予約が×になっていてもお電話頂ければご案内可能な場合もありますので、遠慮なくお問い合わせください。

皆様に会えるのを楽しみにしております!


twitterlink instalink

The following two tabs change content below.

石井 啓介

店長(サロンディレクター)  ショートカットや大人の雰囲気のあるスタイルが得意 『もっと可愛く!!』をモットーにカウンセリングで髪の悩みをしっかり聞き、人それぞれの可愛さを引き出す提案をします。ヘアースタイルでお悩みの方、是非ご相談下さい!