春ボブは『梳る』パツっとしたラインがオススメ


今回は『春は梳るボブがオススメ』の話し。。


突然ですが、問題です。

『髪を梳く』←これ何て読むでしょうか?? 学校では習ってないと思いますが、

普段、美容室で何気なく使う言葉で、美容師は読めて当たり前??


そう! 正解は、


髪を【すく】→少なくするって意味ですね!


読める人も多かったり、意味はわかる人はほとんどだと思います。


では、、、


『髪を梳る』は何と読むでしょう???







と、いうことで今回のテーマは、、、





梳るボブが春にはオススメ!


です。 


今回の
『ショートヘアbefore after』






beforeはこちら💁‍♂️

今回は『モサモサしてきたからパツっとしたラインが出るようなボブ』にしたいとのオーダーです。



ボブと『梳る』の関係性



『梳る』とは、【くしけずる】という読み方で、

意味は『クシで髪の毛をとかして整える』って意味の漢字なんですよね!


それが、ボブとどういう関係にあるの???

最近よく見るボブくらいの長さのヘアスタイルは『ぱつっとしたライン』なんですが、


これらのスタイルは最後にオイルをつけて粗めのクシでとかして整えてるんですよね。

そうすることで、まとまりが出てパツっとしてラインが綺麗に出ます!

今回のイメージとしては・・・


最近オーダーの多い、顎ラインでのパツっとしたラインでまとまるようなボブが春らしくて良いですね。



ショートボブからパツっとしたボブの記事も参考に



今回は長さは充分にあるので、モサモサしてるとこを薄くタイトに切ってみたいと思います。


毛量が多い人だと内側の髪の量を調整してあげると良いと思います。

before afterはこちら!!


そのあたりのイメージを踏まえてポイントをまとめると・・

梳る春ボブのポイント
・アゴラインに沿うように
・まとまりやすく櫛でとかすうように
・オイルで簡単仕上げ


あとはしっかりとなりたいイメージの共有をしてカットで調整します。



パツっと✂️

梳る春のパツっとボブの完成✨✨✨

ふわっとした柔らかい感じが素敵ですね!





スタイリング方法もアフターでしっかりと説明して、お時間のある時に慣れて楽しんでもらえたら嬉しいです。



まとめ



今回は『春は梳るボブがオススメ』の話しでしたが。。。


一言でボブと言っても、色々な形のボブがあってその人に似合うかどうか?最近の流行はどうか?自分でお手入れできるかどうか?

色々考慮することがあります。 お客様のご希望に対して最終的にはその人に合うショートヘアを探すこと。。。


トレンドや傾向も考慮しながら自分の技術の向上で常にお客様に満足してもらえるショートヘアを
その人の『今』に合ったヘアスタイルのご提案ができるように10代から50代、60代70代のお客様にも幅広くご提案できるようにしています。

カットはもちろんカラーでも、初めてのお客様でもしっかりとカウンセリング致しますので、遠慮なくご連絡ご相談ください!

ホットペッパーのご予約が×になっていてもお電話頂ければご案内可能な場合もありますので、遠慮なくお問い合わせください。

皆様に会えるのを楽しみにしております!


twitterlink instalink

The following two tabs change content below.

石井 啓介

店長(サロンディレクター)  ショートカットや大人の雰囲気のあるスタイルが得意 『もっと可愛く!!』をモットーにカウンセリングで髪の悩みをしっかり聞き、人それぞれの可愛さを引き出す提案をします。ヘアースタイルでお悩みの方、是非ご相談下さい!