丸みショートの形を復元する??


今回は『丸みメンテナンス』の話し。。



【諸行無常ーしょぎょうむじょう】って言葉は聞いたことはあるけど意味は深く知らなかった今日この頃、、、




「この世の万物は常に変化していて、ほんのしばらくもとどまることがない」って意味らしい。。


ヘアスタイルも時間が経つにつれて、形が変わっていく、、


だからお客様とも、「完成した今の状態で髪が伸びるのが止まれば良いのに!!」



なんて会話をしますが、


そんなことが出来るようになったら僕らのお仕事無くなっちゃいます。。。笑


でも、とどまることはできずとも、ある程度は元に戻すことは出来ます!!




と、いうことで今回のテーマは、、、





丸みが無くなったら戻せば良い!


です。 


今回の
『ショートヘアbefore after』






beforeはこちら💁‍♂️

前回切ってからしばらく経ち、丸みが無くなってしまったので元の丸みショートボブに戻そうと思います。



丸みが無くなる原因は襟足にあり




前回ショートヘアに切ってから最初に気になってくる部分として多く聞くのが、、



襟足の厚み。。。

髪の質感も硬く密度も多い部分なので分厚くなりやすく、ヘアスタイルを引き締める大切な部分です。



むしろ、襟足だけスッキリさせることでお悩みを解決できると言っても過言ではございません。


前回の丸みを作った時の記事はこちら




綺麗な丸みでも時と共に襟足の厚みが増えて丸みのポイントが下に下がってくる事が丸みが無くなる1つの原因になります。



今回のイメージとしては・・・


今回は前回のカットが評判良かったので、『丸みの再構築』にします。



切り方を覚えていれば同じようにメンテナンスカットするだけで元のスタイルになれます。



今回も丸で囲ってみると、必要な所と削る部分がわりやすくなっています。


あとはちょっとした毛先の動きと内側の髪の量を調整してあげると良いと思います。

before afterはこちら!!


そのあたりのイメージを踏まえてポイントをまとめると・・

丸み再構築のポイント
・伸びて厚みが出てしまってる所を見極める
・毛先の動きを作る
・丸みを調整する


あとはしっかりとなりたいイメージの共有をしてカットで調整します。



まるっと✂️

丸みを再構築した小頭ショートボブの完成✨✨✨

ふわっとした柔らかさ、絞りや毛先の先細りを作る事で丸みを作り直しました。





スタイリング方法もアフターでしっかりと説明して、お時間のある時に慣れて楽しんでもらえたら嬉しいです。



簡単なメンテナンスカットだけで前回のヘアスタイルを復元することができました!

ちなみに今回はカットは同じで色味を少し明るめにチェンジして気分転換♪



まとめ



今回は丸みメンテナンスの話しでしたが。。。


同じ感じで切ることは同じ美容師じゃないと細かい部分までは再現が難しいと思います。 形は一緒でもその人その人で髪質やお手入れ方法が違うから一人一人に合わせないといけません。

一度切ればその人の髪質を理解できるので合わせたり復元も簡単になります。

形あるものはいつか崩れますが、気に入ったスタイルを維持できるようにお手伝いさせていただきます。



トレンドや傾向も考慮しながら自分の技術の向上で常にお客様に満足してもらえるショートヘアを
その人の『今』に合ったヘアスタイルのご提案ができるように10代から50代、60代70代のお客様にも幅広くご提案できるようにしています。

カットはもちろんカラーでも、初めてのお客様でもしっかりとカウンセリング致しますので、遠慮なくご連絡ご相談ください!

ホットペッパーのご予約が×になっていてもお電話頂ければご案内可能な場合もありますので、遠慮なくお問い合わせください。

皆様に会えるのを楽しみにしております!


twitterlink instalink

The following two tabs change content below.

石井 啓介

店長(サロンディレクター)  ショートカットや大人の雰囲気のあるスタイルが得意 『もっと可愛く!!』をモットーにカウンセリングで髪の悩みをしっかり聞き、人それぞれの可愛さを引き出す提案をします。ヘアースタイルでお悩みの方、是非ご相談下さい!