ショートヘアのクセ毛は【酸性髪質改善】で丸く収まりよくできる


元々の癖毛や加齢による髪のうねりでショートヘアが膨らむ。。そんな悩みを解決するショートボブを紹介します。
「癖があるけど朝のスタイリングを楽にしたい」という悩みや「縮毛矯正をしたいけど真っすぐになりすぎるのは嫌」という方のお役に立てればと思います。


[toc]





【癖が出てしまいスタイリングに時間がかかる】というお悩みに対して

今回の
『ショートヘアbefore』



①大きなうねりの癖

クセがあることによって、まとまりが無くなってしまいツヤ感が出しづらくなる。ヘアスタイル表面のクセはヘアアイロンで伸ばすこともできるが、毎日のお手入れになると大変な作業になってしまう。ただ慣れた人はできるが毎日のアイロンによる毛先のダメージにも注意が必要。

②ハイライト履歴があることでのダメージの心配

明るいハイライト=ダメージが進行している。ダメージ具合によっては縮毛矯正だと毛が切れてしまう為に断られる場合もあります。

③クセが重なることでボリュームが出てしまう

特に内側のクセが強く出てしまうと全体のシルエットが膨らんでしまい締まりのあるシルエットにならなくなってしまう。

最近のショートヘアのストレート事情


ショート
ボブが流行中の最近は髪の表面の長さと膨らみをコンパクトにして柔らかな雰囲気を作るヘアスタイルが多いです。そのシルエットを作るためにストレートのヘアアイロンでツヤ感を出してます。


そのあたりのことはこちらと合わせてお読みください。

[blogcard url=”https://ishii-san.com/shorthair/8590/”]

毎日のヘアアイロンで悩みは解決することはできますが、問題はヘアダメージや朝の時間の無さ。


それらを踏まえて最近のショートヘアの【酸性縮毛矯正】という技術が多く取り入れられています。

酸性縮毛矯正の良いところ
・従来よりも柔らかな質感になる
・ハイライト履歴にも対応
・毛先を内側に丸く収める事も可能



今回はこの【酸性縮毛矯正】を使った施術例をご紹介いたします。

before afterはこちら!!





今回は【酸性縮毛矯正】の施術例でしたが、髪質やクセの強さによって対応できない場合もありますが、それ以外の方法でヘアスタイルをまとまりやすくする方法もございますので、遠慮なくご相談ください。



トレンドや傾向も考慮しながら自分の技術の向上で常にお客様に満足してもらえるショートヘアを
その人の『今』に合ったヘアスタイルのご提案ができるように10代から50代、60代70代のお客様にも幅広くご提案できるようにしています。

カットはもちろんカラーでも、初めてのお客様でもしっかりとカウンセリング致しますので、遠慮なくご連絡ご相談ください!

ホットペッパーのご予約が×になっていてもお電話頂ければご案内可能な場合もありますので、遠慮なくお問い合わせください。

皆様に会えるのを楽しみにしております!


twitterlink instalink
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ショートカットや大人の雰囲気のあるスタイルが得意
『もっと可愛く!!』をモットーにカウンセリングで髪の悩みをしっかり聞き、人それぞれの可愛さを引き出す提案をします。ヘアースタイルでお悩みの方、是非ご相談下さい!

目次