ショートヘアのお直しは一朝一夕にはならず


今回は『理想のショートヘアになるまで』の話し。。


髪は一度切ってしまうと元には戻せない大切な一部で美容師とお客様とのヘアスタイルのイメージの共有がずれた時に起こる問題。


そのようなことが起こらないように、技術だけでなくお客様とのコミュニケーションで出来る事と出来ない事のその日の完成イメージのご理解をご説明するのも必要な技術です。




理想のショートヘアを作れるようにまだまだ日々の勉強が必要です。。


–ローマは一日にして成らず。–


ローマは700年もの年月を経て完成したらしい。 

継続は力なりってことですね。。。







と、いうことで今回のテーマは、、、





【ショートヘアのお直し】 やっと理想の形に近づいてきた


です。 


今回の
『ショートヘアbefore after』






beforeはこちら💁‍♂️

2ヵ月半前にカットさせて頂いたお客様で今回も良い感じでお任せのオーダーです。 ただ実は初めてお会いした時はショートヘアのお直しからだったんですよね。



【ショートヘアのお直しの歴史を振り返る】


前回カットから日が経ち、改めてのご来店時にある程度状態が良かったり、スタイルチェンジが必要なければカットはメンテナンス程度で継続できます。



ただ、前回のヘアスタイルが気になったり、上手くまとまらない時は【お直しカット】でスタイルチェンジが必要になります。



今回のお客様も1年前にはパーマをかけたけど扱いづらくて、、とご来店頂きました。



ダメージのある髪を無理矢理に戻そうとしてもなかなか治りづらいので少しずつ理想のカタチになるようにしていきます。



少しずつカットしながら、頃合いをみて弱いストレートで捻りを治しながら、伸ばす場所と短くキープするところを見極めながら、理想のカタチをイメージ共有していきます。


という流れで最近はメンテナンスもしっかりしてるので、2ヶ月半経ってもまとまってるbeforeになってます。

今回は理想のイメージに限りなく近づける


今回は丸みショートボブを綺麗に魅せる形にカットしたいと思い、、

適度な長さを残した、頭の形が綺麗なショートヘアにカットします。

before afterはこちら!!


そのあたりのイメージを踏まえてポイントをまとめると・・

メンテナンスのポイント
・ベースは綺麗にカットしてあるので微調整のみ
・襟足の厚みを薄く
・サイドは短すぎないように


あとはしっかりとなりたいイメージの共有をしてカットで調整します。



プルンっと✂️

頭の形が綺麗に見えるショートボブの完成✨✨✨

コンパクトに艶のあるショートボブに切らせてもらい、理想の形にまた一歩近づきましたね。





スタイリング方法もアフターでしっかりと説明して、お時間のある時に慣れて楽しんでもらえたら嬉しいです。



まとめ



今回は『理想のショートヘアになるまで』の話しでしたが。。。


大切なのはお客様が描くイメージと美容師側が描くイメージの共有。

現在の状態から理想の形にするには何が必要か?

場合によってはその日では長さが足りず出来ない場合もあったり、今後のイメージを伝える事も大切にしています。




トレンドや傾向も考慮しながら自分の技術の向上で常にお客様に満足してもらえるショートヘアを
その人の『今』に合ったヘアスタイルのご提案ができるように10代から50代、60代70代のお客様にも幅広くご提案できるようにしています。

カットはもちろんカラーでも、初めてのお客様でもしっかりとカウンセリング致しますので、遠慮なくご連絡ご相談ください!

ホットペッパーのご予約が×になっていてもお電話頂ければご案内可能な場合もありますので、遠慮なくお問い合わせください。

皆様に会えるのを楽しみにしております!


twitterlink instalink

The following two tabs change content below.

石井 啓介

店長(サロンディレクター)  ショートカットや大人の雰囲気のあるスタイルが得意 『もっと可愛く!!』をモットーにカウンセリングで髪の悩みをしっかり聞き、人それぞれの可愛さを引き出す提案をします。ヘアースタイルでお悩みの方、是非ご相談下さい!