ショートボブに必要な髪の表面の長さ


今回は『毛先を収まりやすくする蓋』の話し。。



髪の毛って、つむじや生え癖の影響で1人1人違う毛流れがあって、

片側は収まるけど反対は跳るとか、なんか毛先が跳ねるんだよなって悩みは多く聞きます。


そんな時に大事になるのは【髪の蓋】の部分。。


えっ? 蓋??




ということで、今回のテーマは、、、



ショートヘアの毛先が収まるように【蓋をする】


です。 


今回の
『ショートヘアbefore after』






beforeはこちら💁‍♂️

ショートボブが伸びてなんとなくボヨンっとしてしまったので綺麗に整えたいと思います。





ショートボブの『蓋の部分』とは??




人それぞれ癖が強い部分は違うので一概には言えませんが、、、



ショートヘアにする時に注意する部分として、 


髪の蓋=表面の髪の長さが重要になります。




・後頭部の真ん中は癖の強い部分
・襟足の厚みの部分

などは、、


そこを上から覆い被さる長さがあると、、





髪の内側を軽くできたり、膨らみが抑えられたり、蓋の髪は長さの重さで癖が出にくくなります。


蓋の部分の長さを残しておくと、

アイロンで伸ばしたり、癖を活かす事も出来たりするので、

最近のショートボブをイメージする人は重要な場所になります。



自分のヘアスタイルがなんかしっくりきてない人は、、、


ご自身の蓋の髪が、

後頭部が覆う長さがあるか?、耳の半分くらいまであるか?を確かめてみてください。





ない人はこちらのショートヘアのお直しの記事も参考に

今回のイメージとしては・・・


今回は、表面の長さを綺麗にバランスよく包みこむようなイメージで、、


表面の髪の蓋の部分を整えます。






仕上げは艶を出す為に少しアイロンで面を整えてあげればさらにまとまりやすくなると思います。

before afterはこちら!!


そのあたりのイメージを踏まえてポイントをまとめると・・

ショートボブの髪の蓋
・ボリュームを抑える為に必要な長さ
・面は綺麗に見えるように
・髪の内側を抑え込む


あとはしっかりとなりたいイメージの共有をしてカットで調整します。



ガラっと✂️

小頭ショートボブの完成✨✨✨

必要な部分は長く、締めたい部分は短くすることで余裕の長さのあるショートボブになります。



スタイリング方法もアフターでしっかりと説明して、お時間のある時に慣れて楽しんでもらえたら嬉しいです。



まとめ



今回は『毛先を収まりやすくする蓋の話しでしたが。。。


最近、初来店のお客様が増えていますが、

カウンセリングでお聞きすると、蓋の部分の長さが短くてなんかしっくりきてないというお声をよく聞きます。




もちろん、そういうヘアスタイルもあるので不正解ではないですが、

イメージと違うようだったら髪の蓋を少し伸ばしてみるとしっくりくるかもしれないですね。



【髪の蓋=丸みショートボブ】

それを今回は1つの答えとして記事にしましたが、

人それぞれの悩みがあると思うのでそれが正解とも限りません。




答えはお客様の好みに合わせて楽しみながら相談していく事も楽しみながら。。。



トレンドや傾向も考慮しながら自分の技術の向上で常にお客様に満足してもらえるショートヘアを
その人の『今』に合ったヘアスタイルのご提案ができるように10代から50代、60代70代のお客様にも幅広くご提案できるようにしています。

カットはもちろんカラーでも、初めてのお客様でもしっかりとカウンセリング致しますので、遠慮なくご連絡ご相談ください!

ホットペッパーのご予約が×になっていてもお電話頂ければご案内可能な場合もありますので、遠慮なくお問い合わせください。

皆様に会えるのを楽しみにしております!


twitterlink instalink

The following two tabs change content below.

石井 啓介

店長(サロンディレクター)  ショートカットや大人の雰囲気のあるスタイルが得意 『もっと可愛く!!』をモットーにカウンセリングで髪の悩みをしっかり聞き、人それぞれの可愛さを引き出す提案をします。ヘアースタイルでお悩みの方、是非ご相談下さい!

最新記事 by 石井 啓介 (全て見る)