襟足の白髪が少ないならそれを活かす


今回は『グレイヘアに挑戦中』のお手伝い、、、


第四話!! 



約半年ぶりに久々登場の石井さんのお姉さんのグレイヘア計画シリーズ


第一話はこちら


第二話はこちら


第三話はこちら



第四弾の今回のテーマは、、、





襟足がグレイヘアになりずらい・・・


です。 

ここまでの経過をおさらい




『1年半前』からスタートしたグレイヘア計画の進行状況は・・・


白髪染めが毛先までしっかり残ってる状態からスタート

↓↓↓

毛先や表面にハイライトを少しずつ足していく

↓↓↓

白髪部分が伸びてきた状況で薄いベージュ系カラーに色味に変えていく

↓↓↓

色味はそのままに白髪の占有部分が増えるのを待つ。そして髪の長さがショートになっていく←前回まで

↓↓↓


【ちょこちょこメンテナンスはしていたけど、襟足が黒い!!】 ←今回ここ。



第三話でも書きましたが、、

目指すグレイヘアの完成形は『何もしないではなく、オシャレに白髪と共存』を最終目的地として、


白髪を活かすような素敵なストレスのないヘアスタイルを目指して今回もレポートします。



襟足ってなんか白髪少なくない??

この半年間で少し髪を伸ばしたくなったり、なかなか気まぐれな石井さんのお姉さんですが、、


やっぱり切りたくなったらしいです。。。


ただ、前回ショートにした時に思ったのですが、、

襟足の白髪率が少なくて黒いんですよね。。





そもそも何で襟足、後頭部は白髪が少ないの??


ショートボブくらいの長さであれば1年くらいで以前に染めた白髪染めはなくなって明るい雰囲気を作りやすくなっているのですが、、


ショートボブにすると襟足がシュってするけど白髪少なくて黒くない??

白髪が増えるのは女性ホルモンが減少するのと関係しているそうです。

後頭部は女性ホルモンとの関係が薄いとされていてホルモンの影響を受けることが少ないため白髪になりにくい場所という説があります。 


白髪が少ないし髪が太い部分なので毎度毎度ブリーチで明るくするのも大変ですよね。




黒く残るならデザイン力でカバーすれば良い



押してダメなら引いてみろ、鳴かぬなら鳴かせて、、の感覚で明るくするのが大変なら暗くして影を作ればヘアスタイルに締まりが出来るでしょう!

丸みショートにして表面は明るく、見えてしまう襟足部分は暗めに染めてみようと思います。



今回の仕上がりはこちら!!



今回は色味を柔らかく、襟足は暗めのカラーで




フワッとキュっと!!

あえて襟足を暗く染めて明るめグレイヘアを生かすショートにチェンジ!

『明るくならぬなら、暗くしてしまおう襟足は。。』 無理せず自然に任せるのも一つのアイディアです。










今回は『グレイヘアに挑戦中』のお手伝い第四話。

『襟足の影を作る編』でしたが、、 

ショートボブにすると見え隠れする襟足。 白髪率が少ないなら暗めに残すデザインでも良いと思います。



コントラストをしっかり作ることでメリハリを作れます。


『石井さんのお姉さんのグレイヘア計画』はまだまだ楽しみながら継続していきたいと思います。



トレンドや傾向も考慮しながら自分の技術の向上で常にお客様に満足してもらえるショートヘアを
その人の『今』に合ったヘアスタイルのご提案ができるように10代から50代、60代70代のお客様にも幅広くご提案できるようにしています。

カットはもちろんカラーでも、初めてのお客様でもしっかりとカウンセリング致しますので、遠慮なくご連絡ご相談ください!

ホットペッパーのご予約が×になっていてもお電話頂ければご案内可能な場合もありますので、遠慮なくお問い合わせください。

皆様に会えるのを楽しみにしております!


twitterlink instalink

The following two tabs change content below.

石井 啓介

店長(サロンディレクター)  ショートカットや大人の雰囲気のあるスタイルが得意 『もっと可愛く!!』をモットーにカウンセリングで髪の悩みをしっかり聞き、人それぞれの可愛さを引き出す提案をします。ヘアースタイルでお悩みの方、是非ご相談下さい!

最新記事 by 石井 啓介 (全て見る)