ショートからボブ経由で髪を伸ばす


今回は『ボブ経由』の話し。。


秋冬になると、ふと髪を少し伸ばしてみようかな?なんて思ったりしませんか? 

そんな時に前回のヘアスタイルの形のまま伸ばしていくと、どうスタイリングしていいかわからなくなったりすることもあります。
特にショートスタイルから3-4カ月くらいの時は悩み頃です。

そんな時はボブ経由で伸ばしていくとまとまりよく髪が伸ばしやすくなります。



ショート→ショートボブ→ボブ→長めボブ→重めor軽めのミディアムスタイル・・・

のような段階で綺麗に伸ばしていけたらいいですね!




と、いうことで今回のテーマは、、、





ボブに整える意味は伸ばしやすくする為


です。 


今回の
『ショートヘアお悩みお客様』





今回の『ショートヘアお悩みお客様』
beforeはこちら💁‍♂️

ショートボブが伸びてまとまりずらくなって切るかどうか迷ってる🙇‍♂️

今回は初めてお会いするお客様でしたので、しっかりヒアリングをした結果、一旦ボブにしてみようということになりました。



一旦ボブにする理由は??


今回はまず最初に気になったのが、前回のカットから数か月で素敵なヘアスタイルでも後ろが重くなってしまってラインが後ろ下がりになってしまい重く見えてしまうのと跳ねやすくなってきます。

かといって今の状態から長さを変えずに軽くしてもさらにまとまりずらくなってしまうこともあります。



そうであれば、今回はその後の事を考えて、サイドの長さは変えずに後ろの長さを少し整えれば髪が伸びてもまとまりやすくなりそうだとお伝えし、


アゴのラインでボブベースに切らせて頂く事にしました。




秋になりボブが急増中な理由の記事はこちら




あとは頭が小さく見えて首が細く見えるように調整をすると良いと思います。

仕上がりはこちら!!


今回のイメージのポイントは、、

髪を伸ばしていきやすいように
・ラインを整える
・伸びても跳ねないように内巻きに
・重く見えすぎないように耳掛けも意識


あとはしっかりとなりたいイメージの共有をしてカットで調整します。



ツヤっと✂️

伸ばしやすいまとまりのあるボブの完成✨✨✨

後ろの重さとラインを整えただけでまとまりやすくなりました🙇‍♂️

今回は耳掛けも意識して前髪とサイドの分かれ目を埋めるようにサイドバングを作って馴染ませています

お客様より素敵なメッセージも頂きました!





✨✨✨今回はお任せ頂きありがとうございました。お出かけ前のヘアスタイルチェンジだったのですがヘアスタイルのスタイリングもご自身でするのも簡単だと思うので是非やってみてくださいね✨✨✨


まとめ



今回は『ボブ経由』の話しでしたが。。。


伸ばしたいから切らないのも良いですが、伸ばしながら楽しめるようにその人の今後の生活スタイルやお悩みに寄り添えるようにヘアスタイルを一緒に考えていくのも美容師としての役割ですね。


トレンドや傾向も考慮しながら自分の技術の向上で常にお客様に満足してもらえるショートヘアを
その人の『今』に合ったヘアスタイルのご提案ができるように10代から50代、60代70代のお客様にも幅広くご提案できるようにしています。

カットはもちろんカラーでも、初めてのお客様でもしっかりとカウンセリング致しますので、遠慮なくご連絡ご相談ください!

ホットペッパーのご予約が×になっていてもお電話頂ければご案内可能な場合もありますので、遠慮なくお問い合わせください。

皆様に会えるのを楽しみにしております!


twitterlink instalink

The following two tabs change content below.

石井 啓介

店長(サロンディレクター)  ショートカットや大人の雰囲気のあるスタイルが得意 『もっと可愛く!!』をモットーにカウンセリングで髪の悩みをしっかり聞き、人それぞれの可愛さを引き出す提案をします。ヘアースタイルでお悩みの方、是非ご相談下さい!