『引き算のハイライト』は明るい部分を浮き出せる?


今回は『引き算のハイライト』の話し。。



ヘアスタイルやファッションでも『足し算と引き算』なんて言い方をする時があります。

足していくほど派手にファッショナブルに、、

引いていくほどシンプルなバランスで、、、



派手過ぎるのが嫌なら少し引いてバランスを調整しても良いですね!



と、いうことで今回のテーマは、、、





明るい部分を残してハイライトっぽくしてみる?


です。 


今回の
『ショートヘアお悩みお客様』





今回の『ショートヘアお悩みお客様』
beforeはこちら💁‍♂️

ハイライトをしたいけどブリーチで色を抜くと色落ちが明るくなってちょっと気になる🙇‍♂️

確かにハイライトを入れたあとの色落ちは気になる部分ではあります。



元々の髪が明るければ暗い部分を作れば良い?


ハイライトは入れた時の仕上がりは良いですが、どうしても色味が明るくなりがちでカラーシャンプーやトリートメントで色落ちを遅らせることもできます。

ただ、やはり手間と感じてしまうのもあると思います。

黒髪くらいならブリーチを使わなくても目立つハイライトをいれることもできますが、今回のように明るい髪だとぼやけてしまうのでブリーチを使いたいとこではあります。

で、あればこの部分は普通のカラー剤で少し明るさをキープして『明るい部分を残す』ようにしてみる。

明るい部分は残して、あとの部分は暗くして明るい部分が浮き出すようにする。

仕上がりはこちら!!


今回のイメージのポイントは、、

ブリーチを使わずに立体感を作る
・明るい部分をそのままに
・全体を暗くして明るさを浮かす
・立体感が出るようにカットする


あとはしっかりとなりたいイメージの共有をしてカットで調整します。



シュっと✂️

色落ちしても大丈夫の『引き算ハイライト』ヘアの完成✨✨✨

ヘアスタイルに立体感が追加されましたね🙇‍♂️

ブリーチを使ってないのでコントラストは弱めですが、暗めの部分は濃いめの色合いなので色持ちも抜群。


均一なカラーに飽きた人はこの『引き算ハイライト』は簡単にダメージレスで出来ますので是非ご相談ください。

まとめ



今回は『引き算のハイライト』の話しでしたが。。。


ただ暗く落ち着かせるだけよりも一手間遊び心のあるトーンダウンカラーで立体感が出せるし、ダメージレスなのも良いですね。 
あえてブリーチを使わない立体感カラーも是非お試ししてみてください。


トレンドや傾向も考慮しながら自分の技術の向上で常にお客様に満足してもらえるショートヘアを
その人の『今』に合ったヘアスタイルのご提案ができるように10代から50代、60代70代のお客様にも幅広くご提案できるようにしています。

カットはもちろんカラーでも、初めてのお客様でもしっかりとカウンセリング致しますので、遠慮なくご連絡ご相談ください!

ホットペッパーのご予約が×になっていてもお電話頂ければご案内可能な場合もありますので、遠慮なくお問い合わせください。

皆様に会えるのを楽しみにしております!


twitterlink instalink

The following two tabs change content below.

石井 啓介

店長(サロンディレクター)  ショートカットや大人の雰囲気のあるスタイルが得意 『もっと可愛く!!』をモットーにカウンセリングで髪の悩みをしっかり聞き、人それぞれの可愛さを引き出す提案をします。ヘアースタイルでお悩みの方、是非ご相談下さい!

最新記事 by 石井 啓介 (全て見る)