マスクに合う髪型を考えてみる(ショートヘア編)

今年の夏も暑くなりそうな中で、今年はこういう時代だからこそ『マスクとヘアスタイルの共存』もイメージしなくてはいけないのかなと、、


良い意味でも悪い意味でもその時の流行に合わせてヘアスタイルを考えていかないとですね。


そこで、マスク着用時のショートヘアのデザインや髪の通気性など、
色んな事を想定しながら考えてみたいと思います。

マスクと共存するために気にする部分

人と会う時、外出する時にマスク着用が必要な時だからこそ
ヘアスタイルとマスクとの共存を考えると、、、

『口元も暑いし、髪の内側も熱がこもる』

髪の量

『目にかかるか?かからないか?』

前髪のデザイン 
 
『横から見たときにマスクの紐が見える』

顔回り、耳回りのデザイン

このあたりが気になる部分でしょうか?

通気性を良くして少しでも涼しくなるように

後頭部に丸みのあるショートヘアはすっきり見えるようで実は結べないので髪の内側に熱がこもりやすいのもあります。


そんな時は内側を軽くしてボリュームを落としシルエットをコンパクトにみせつつ、内側は軽く指通りの良いように毛量を少なくしておくと通気性が良くなります。

そうすることで後頭部の膨らみは同じ高さでも厚みと襟足部分が絞れるので通気性とスッキリとしたシルエットになります。

耳周りは耳掛けも意識してスッキリ

横から見たサイドの見え方としてはマスク無しの場合は輪郭を補正するために下ろしても良いですが、マスクをすると野暮ったくみえてしまうこともあります。


耳掛けでスッキリ見せるか、下ろしても厚ぼったく見えないように隙間を作ると涼しげに見えるようになります。

好みではありますが、サイドを耳に全部かけるか、輪郭補正のために少しだけ顔周りを降ろせるスタイルが横から見たシルエットが綺麗に見えそうですね。

顔周りは一番重要な部分

マスクをしているデメリット
・マスク上部の隙間から息が上に抜けて前髪が崩れやすい
・野暮ったくみえてしまう

など、色々と不便ですが、、、

同じ前髪の長さでもマスクをすると野暮ったく感じてしまう


それならば、ポジティブに考えると、、
マスクをすることで新しい前髪デザインに挑戦しやすいとも思います。


マスクで輪郭が隠れるので前髪のデザインの幅が広がります。


流す前髪 隙間感のある前髪 マッシュライン、薄め短めにもチャレンジ出来るしてもバランスがとれるので安心してチャレンジできます。

前髪を薄く少し短くすることで印象が変わります




前髪はヘアスタイルの中でも重要な部分なので特に似合わせながら微調整したいとこです。

髪に動きがあったほうが軽やかに見える??

ヘアスタイルの好みや朝のスタイリング時間、ブローやコテの使用や
パーマの有無によって変わりますが、髪に動きをつけるのも良いですね。


髪に動きがあるほうが何となくヘアスタイルに目がいくように感じます。

ヘアアイロンなどで簡単にスタイリングするとまた違った見え方になって雰囲気が変わりますね。

カラーは明るめ?暗め?

カラーは似合っていればどちらでも良いと思いますが、そのカラーに合わせたカットが大事なのかなと。ショートに似合うカラーはまた別記事で細かく書ければと思います。

まとめ

絶対にマスクに合う髪形はコレ!って髪型は人それぞれですが、どこか一部分でも取り入れても面白いかも知れません。


こんな時だからこそ、ヘアスタイルも『いつもと同じ』より『マスクをしても似合う髪形』をこれからも考え続けていかないといけない時がしばらくは続きます。


そんな時に美容室に行った時に『マスクをしても・・・』って言ってみるのも面白いかもしれないですね。


もし、わからないようでしたらカウンセリングでしっかりお悩みを聞き、解決策をお探ししますので気兼ねなくご相談ください。

こちらの記事も参考に

The following two tabs change content below.

石井 啓介

店長(サロンディレクター)  ショートカットや大人の雰囲気のあるスタイルが得意 『もっと可愛く!!』をモットーにカウンセリングで髪の悩みをしっかり聞き、人それぞれの可愛さを引き出す提案をします。ヘアースタイルでお悩みの方、是非ご相談下さい!