縦長のシルエットを骨格に合わせて補正する


今回は『縦長シルエットからの補正』の話し。。


人によって髪の生え方や骨格で、頭の形が凹んで見えたり膨らんで見えたり縦長や丸くなったり・・・

なかなか変えずらい生まれ持ったものです。


もはや国籍レベルの違いで生まれながらに決まってしまっていることが多いです。。。

ただ、そんなシルエット補正をヘアスタイルで綺麗に魅せることもショートヘアでは大事なことです。


と、いうことで今回のテーマは、、、





縦長シルエットを丸みと絞りで補正する


です。 


今回の
『ショートヘアお悩みお客様』





今回の『ショートヘアお悩みお客様』
beforeはこちら💁‍♂️

特に希望はないのでお任せします🙇‍♂️

今回が初めてのご来店でしたが、『お任せ』ということで、気になったのは『間延びしたシルエット』を調整させて頂こうと思います。



縦長シルエットは凹凸を作って補正する


今回はお任せなので自分の気になった何カ所かのポイントを部分的に調整します。


凹凸と言っても、『膨らみと絞り』の組み合わせになるのですが、



まずは『膨らみ』の部分。

おそらく前回も丸みを意識したスタイルで良い感じに切ってもらってるので表面には丸みのベースはあるので、そのあたりの長さは変えずに間引いて動きが出やすいようにしようと思います。


そして、『絞り』の部分。

襟足周辺は毛の生え方で少し伸びてしまうと厚みや長さが出て縦長のシルエットに見えてしまうので、襟足は生え癖を見ながら出来る限り短くして薄くしたほうがシルエットの持ちも良くなりそう。


このあたりを少し調整してヘアスタイルのシルエット調整にします。

仕上がりはこちら!!


今回のイメージのポイントは、、

縦長のシルエットを変えるために
・丸みを作り毛先に動き
・襟足はタイトに短く
・サイドは切りすぎないバランス


あとはしっかりとなりたいイメージの共有をしてカットで調整します。



シュっと✂️

縦長シルエットからの丸みに補正完了✨✨✨

適度な丸みと絞りで頭の形を補正してシルエットを整えました🙇‍♂️





✨✨✨今回はお任せ頂きありがとうございました。またシルエットが崩れてきたらメンテナンス致しますので是非ご相談ください✨✨✨


まとめ



今回は『縦長シルエットからの補正』の話しでしたが。。。


髪型ってやっぱり人の印象の一番重要な要素って勝手に思ってしまってるんですが、だからこそ常に整えたくなるし、伸びてくると切りたくなる。

でも、ただ切ることより、その人の悩みに合わせて調整することで普段の気分も変える事ができるのもヘアスタイルの凄いとこですね!

お客様の悩みに寄り添えるように・・


トレンドや傾向も考慮しながら自分の技術の向上で常にお客様に満足してもらえるショートヘアを
その人の『今』に合ったヘアスタイルのご提案ができるように10代から50代、60代70代のお客様にも幅広くご提案できるようにしています。

カットはもちろんカラーでも、初めてのお客様でもしっかりとカウンセリング致しますので、遠慮なくご連絡ご相談ください!

ホットペッパーのご予約が×になっていてもお電話頂ければご案内可能な場合もありますので、遠慮なくお問い合わせください。

皆様に会えるのを楽しみにしております!


twitterlink instalink

The following two tabs change content below.

石井 啓介

店長(サロンディレクター)  ショートカットや大人の雰囲気のあるスタイルが得意 『もっと可愛く!!』をモットーにカウンセリングで髪の悩みをしっかり聞き、人それぞれの可愛さを引き出す提案をします。ヘアースタイルでお悩みの方、是非ご相談下さい!