髪が広がりやすい人もカットで小さく見えるように


今回は『コンパクトな小頭』の話し。。



ショートヘアを切る時に気になる1つのポイントに『頭を小さく見えるように』というのもショートヘアを切るうえで重要なポイントになります。人それぞれ頭の形が違うのでどのように似合わせるか?

短くすれば小さくなるかと言えばそうでもない。逆に大きく見えてしまうこともあるので注意しないとですね。





と、いうことで今回のテーマは、、、





頭が小さく見えるように似合わせる


です。 




今回の
『ショートヘアお悩みお客様』





今回の『ショートヘアお悩みお客様』
beforeはこちら💁‍♂️

髪が伸びてくると広がりやすくなる🙇‍♂️

広がりやすい毛質の人でもカットだけで収まるようにできたらいいですね!



髪が広がる原因

そもそも髪が広がる原因は、


・乾燥
原因=紫外線、ドライヤー、コテなどの熱などで髪内部の水分低下
対策=ケラチン系トリートメント

・湿気
原因=空気中の湿気が髪に過剰に水分を吸収することで水分バランスが崩れてうねりになる
対策=ストレート系オイルなど髪の水分量を整える

・ダメージ
原因=カラーやパーマでの外的要因
対策=毛先を少しずつカットで整えていく サロンでのシステムトリートメント

・クセ
原因=先天的な癖毛 後天的な加齢による毛穴のゆがみ
対策=髪質改善トリートメント、酸熱トリートメント、縮毛矯正

などが大きな要因だと言われております。


ただ、ボリュームを出すのも減らすのもカット次第でもあります。

髪が広がらない為のベースカットが大事



広がらないように髪のコンディションを整えても、肝心のカットをしていないと髪の量が多くなりすぎたり、バランスがおかしいと頭が大きく見えてしまいます。

今回のパターンは、

外側のフレームになる黄色の部分はキープしつつ、襟足と髪の内側を調整してボリュームダウンして頭が小さく見えるようにしてみようと思います。

仕上がりはこちら!!


今回はヘアスタイルのバランスを小さく調整するイメージで

【襟足スッキリ】
【丸みはキープ】
【内側と毛先の収まり】


このあたりを意識して・・・


あとはしっかりとなりたいイメージの共有をしてカットで調整します。



キュっと✂️

絞りのあるスッキリ小頭ショートスタイルの完成✨✨✨

モッタリした部分がなくなりコンパクトなショートヘアになりました🙇‍♂️

コテもアイロンも使わずオイルだけで仕上がるコンパクトなショートスタイルは手入れも楽でボリュームも収まるので広がりやすい髪質の人にオススメです。





✨✨✨今回お任せ頂きありがとうございました。次回以降は秋になってくると思うので少し長めのコンパクトショートボブも試してみましょう✨✨✨


まとめ



今回は『コンパクトな小頭』の話しでしたが。。。


ショートヘアは切り方を間違えると収まりにくくなってしまう長さなので、知識と経験が必要になります。


たくさんのショートヘアのお客様を担当させていただいて、その中でその人に似合う頭の形が綺麗に見えるショートヘアを日々研究しています。

自分はどんなお悩みにもしっかりとカウンセリングでご対応し、無理なスタイルチェンジはせず、その時のお客様との意思疎通でヘアスタイルのご相談をしていきます。



トレンドや傾向も考慮しながら自分の技術の向上で常にお客様に満足してもらえるショートヘアを
その人の『今』に合ったヘアスタイルのご提案ができるように10代から50代、60代70代のお客様にも幅広くご提案できるようにしています。

カットはもちろんカラーでも、初めてのお客様でもしっかりとカウンセリング致しますので、遠慮なくご連絡ご相談ください!

ホットペッパーのご予約が×になっていてもお電話頂ければご案内可能な場合もありますので、遠慮なくお問い合わせください。

皆様に会えるのを楽しみにしております!


twitterlink instalink

The following two tabs change content below.

石井 啓介

店長(サロンディレクター)  ショートカットや大人の雰囲気のあるスタイルが得意 『もっと可愛く!!』をモットーにカウンセリングで髪の悩みをしっかり聞き、人それぞれの可愛さを引き出す提案をします。ヘアースタイルでお悩みの方、是非ご相談下さい!