ショートヘアの気になる厚みを『取り除く』


今回は『気になる厚みを取り除く』の話し。。


ショートヘアのお悩みのなかで多いのが『このあたりが重くなって・・・』っていうお悩み。。




自分では見えない部分だけど触ると気になるんですよね!

特に気温が暑くなってくると密度が高くなって気になる!

髪を乾かす時になかなか乾かない!!


そう!『あの部分』ですね!







と、いうことで今回のテーマは、、、





気になる『後頭部の厚み』を取り除こう!!


です。 


今回の
『ショートヘアbefore after』






beforeはこちら💁‍♂️

今回、毛量が多くて後頭部が重くなってしまうのでスッキリさせたい。とのオーダーです。



襟足は軽くするより『絞る』のがオススメ



以前に『襟足の厚みやデザイン』について、まとめ記事を書いてはいたのですが、、






今回のお客様も後頭部の厚みを減らしたいのですが、、



じゃあ、毛量を軽くすればいいかと言えば、それだけだとシルエットが崩れやすくなったり、ヘアスタイルの持ちが悪くなってしまいます。





なので、ただ髪の量を少なくするのではなく、『重さになってしまう部分を見極めて余分な部分は取り除く』ように見極めながらカットします。

そうすることで、キュッとした丸みのあるショートヘアになります!!

before afterはこちら!!


そのあたりのイメージを踏まえてポイントをまとめると・・

襟足の厚みを取り除くポイント
・余分な部分は切り落とす
・サイドとのバランス
・頭の丸みに合わせた襟足の長さ


あとはしっかりとなりたいイメージの共有をしてカットで調整します。



ススっと✂️

襟足の厚みを取り除いた大人ショートボブの完成✨✨✨

シルエットがコンパクトになり、後頭部の厚みがスッキリできました!


スタイリング方法もアフターでしっかりと説明して、お時間のある時に慣れて楽しんでもらえたら嬉しいです。



まとめ



今回は気になる厚みを取り除くの話しでしたが。。。


最近はご新規のお客様のオーダーでも多い『アノ感じにしてほしい』という襟足の絞りのある丸みショートですが、シルエットやデザインだけでなく、お客様自身で髪を触った時にわかるフワっとした手触りや扱いやすさを丁寧に調整しながらカットをしています。

それは一人一人髪質も違うのでカットもその人に合わせたカットが必要で、

重いからただ軽くすれば良いってことでもないんですよね。



だからこそ、、


トレンドや傾向も考慮しながら自分の技術の向上で常にお客様に満足してもらえるショートヘアを
その人の『今』に合ったヘアスタイルのご提案ができるように10代から50代、60代70代のお客様にも幅広くご提案できるようにしています。

カットはもちろんカラーでも、初めてのお客様でもしっかりとカウンセリング致しますので、遠慮なくご連絡ご相談ください!

ホットペッパーのご予約が×になっていてもお電話頂ければご案内可能な場合もありますので、遠慮なくお問い合わせください。

皆様に会えるのを楽しみにしております!


twitterlink instalink

The following two tabs change content below.

石井 啓介

店長(サロンディレクター)  ショートカットや大人の雰囲気のあるスタイルが得意 『もっと可愛く!!』をモットーにカウンセリングで髪の悩みをしっかり聞き、人それぞれの可愛さを引き出す提案をします。ヘアースタイルでお悩みの方、是非ご相談下さい!